テロを止める、
紛争を終わらせる。



NPO法人アクセプト・インターナショナル
NPO法人アクセプト・インターナショナルは、テロと紛争の解決を目指し、学生と社会人がそれぞれの立場を最大限に生かして活動する日本で唯一の団体です。
人々を排除するのではなく受け入れる―その姿勢を軸に、テロ組織への加入防止とテロ組織からの脱退促進を通じて、世界平和の実現に貢献します。

前身・日本ソマリア青年機構

前身である日本ソマリア青年機構は、2011年に「紛争地ソマリアの問題に取り組む日本で唯一の学生NGO」として発足しました。以後5年間に渡り、日本とソマリアの若者が、若者だからこそ出来るアプローチを追求してきました。中でもソマリア人ギャングの脱過激化・社会復帰プロジェクトは国内外から特に高い評価を受け、当団体に拡大発展した後のプロジェクトの基礎を形作っています。

防げないテロ、終わらない紛争。

2015年に発生したテロは11,774件、犠牲者の数は28,328人とされています。過激派によるテロ活動は中東・アフリカの紛争を長期化させるに留まらず、その脅威は欧米や日本にも及んでおり、近年は一般市民が被害の対象となっています。各国は軍事活動を展開していますが、次々と起こるテロに対応しきれていません。絶望的な状況の中で、私たちには何ができるのでしょうか。

テロを止める、紛争を終わらせる。

①加入防止(テロ組織への加入を防止する)
・CVE(暴力的過激主義対策)プログラム
・テロと紛争に関する理解促進

②脱退促進(戦闘員の脱退を促す)
・恩赦を基にした投降兵へのリハビリテーション
・元戦闘員の受け入れを促す啓発活動

これらの取り組みを通して、暴力的過激主義の被害を軽減するとともに、テロ組織の戦力を低下させ彼らと対話できる基盤を創り出していきます。加入防止の段階では、最も思想的な影響を受けやすいとされる若者たちと同年代の学生メンバーが、専門知識を必要とする脱退促進の段階では社会人メンバーが、それぞれの強みを生かしながら活動しています。

加入防止

CVE(暴力的過激主義対策)プログラム

ソマリア人ギャングがいるケニアのほか、新疆ウイグル自治区やインドネシアなど、若者がテロ組織に加入する可能性が高い場所において彼らの加入を防止します。この事業では学生のネットワークを最大限に活かし「学生だからこそできること」を活動の中心に据えています。

・コミュニティの結束力強化支援
・若者のエンパワーメント
・過激主義に流されないための知識と倫理に関する教育

テロと紛争に関する理解促進

テロが絡む新しい紛争の実態やそれらへの対策の重要性を社会に知ってもらうため、そして「受け入れる(Accept)」姿勢の重要性を理解してもらうための啓発事業を行います。

・定例イベントの開催
・中学校や高校での特別授業
・講演・本の出版・メディアでの呼びかけ

脱退促進

恩赦を基にしたリハビリテーション

現地政府の協力のもと、テロ組織から投降した人や、逮捕されたのち服役を終えた元戦闘員に対して脱過激化とリハビリテーションを行い、その後社会に復帰できるよう支援していきます。そしてこのプロセスとともに更なる脱退を呼びかけることで脱退の促進を図るといった好循環を構築していきます。
ソマリア、ナイジェリアで現在準備中です。

元戦闘員の受け入れを促す啓発活動

 “テロ組織から降参した人や、服役後の低リスク戦闘員に対するリハビリテーション” の中で、リハビリ期間後にうまく社会に溶け込めず、再び武器を手にする事例が多く存在しています。このため、社会復帰に向けた受け皿づくりも並行して進めていきます。

この一環として、“Accept”というキーワードを基に世界的キャンペーンを行い、社会の雰囲気を創り上げることを 目指します。

・SNSなどを介したキャンペーン
・国際会議などでの提言

多様性の促進

国内事業局では主にテロ・紛争の問題に関する啓発事業と、小中高の生徒を対象にしたいじめ問題についての事業を行います。
幅広い切り口から様々な年代の方に複雑なテロ・紛争といった社会問題について考えていただく機会を創出することに加え、受け入れる(Accept)という姿勢の重要性を小中高校生を含めた社会に主張します。
あなただからできること
NPO法人アクセプト・インターナショナルは2017年4月より本格始動します。これに先立ち、共に団体を形作っていく初期メンバーを募集しています。

テロと紛争という解決の困難な問題に対して、学生には学生だからこそ、社会人の方には社会人だからこそできることがあります。首都圏にお住いの方だけでなく、海外や地方などに住んでいる方だからこそできることがあります。それぞれの立場を最大限生かしながら、共に力を合わせて活動していきませんか。ご応募お待ちしております。

大学生・大学院生メンバー

●特に期待される部署
海外事業局(加入防止)、国内事業局

●参加要件
・各事業部の週例会議と月例の全体会議に参加
(遠隔地の場合Skypeでの参加も可能)

社会人メンバー

●特に期待される部署
事務局、海外事業局(脱退促進)、国内事業局、広報・マーケティング局

●参加要件
・各事業部の週例会議と月例の全体会議に参加
(遠隔地の場合Skypeでの参加も可能)

※相談に応じて、単発のボランティアや隙間時間でのご参加、プロボノとしてのご協力など様々な関わり方で活動可能です。
活動参加メンバーの声
ついに学生を卒業しました。今ならもっと、やれることがある。やるべきことがある。僕らは無力でも微力でもない。人生を賭して、テロと紛争に挑もうと思います。
永井 陽右
代表理事・海外事業局長 (社会人)
子供が生きる世界が平和であってほしい。子供が生まれた今、私は自分事としてこう思います。今後益々世界は近くなり、益々多様な社会となっていくのは必然です。もはや世界的なテロは対岸の火事ではありません。皆様のお力添えをお待ちしております。
田中 詩織
事務局長・国内事業局長 (社会人)
「潜在的テロリスト」と呼ばれる若者達がいます。私たちの活動は、そのレッテルの裏にある一人一人の声と向き合い、変わる可能性を共に模索すること。学生である強みを活かし、今後も精一杯問題解決に携わります。
前岡 和
海外事業局 ケニア事業部長 (学生)
現地に渡航し、「同世代である」点を生かして若者の過激化を防止すること。日本国内で、「新しい紛争」をみなさんと一緒に考える場を作っていくこと。どんな難題に対しても学生の自分だからこそ出来ることがある、そう確信しています。
富岡 俊行
国内事業局 (学生)
現地に渡航し、「同世代である」点を生かして若者の過激化を防止すること。日本国内で、「新しい紛争」をみなさんと一緒に考える場を作っていくこと。どんな難題に対しても学生の自分だからこそ出来ることがある、そう確信しています。
富岡 俊行
国内事業局 (学生)
募集対象の事業部
事務局
総務・会計・IT
海外事業局
①加入防止
ケニア事業部
中国(新疆ウイグル自治区)事業部

②脱退促進
ソマリア事業部
ナイジェリア事業部
(目安:TOEIC 800点程度)

※海外駐在が可能な方優遇
国内事業局
啓発活動・収益事業
小中高への教育・啓発事業

※教育に関心のある学生歓迎
※営業経験者歓迎
広報・マーケティング局
広報PR・マーケティング

※デザイン業務経験者歓迎
広報・マーケティング局
広報PR・マーケティング

※デザイン業務経験者歓迎
メンバー採用のステップ

STEP

1

フォームに必要事項を記入

下記の応募フォームに必要事項を記入の上、送信してください。数日以内に連絡を致します。
本フォームによる選考は書類審査を兼ねます。

STEP

2

面接審査

フォームに記入して頂いた内容を基に、代表理事・事務局長・希望の所属先部長による面接審査を行います。遠方よりご参加の方にはSkypeを利用した面接も出来ますので、お気軽にお申し出ください。

STEP

3

採用・所属先決定

選考の上、採用可否及び配属先をお伝えいたします。
※なお、結果通知後の選考基準に関するお問い合わせは受け付けておりませんのでご了承ください。

STEP

1

フォームに必要事項を記入

下記の応募フォームに必要事項を記入の上、送信してください。数日以内に連絡を致します。
本フォームによる選考は書類審査を兼ねます。

応募フォーム

NPO法人アクセプト・インターナショナルは、「テロを止める、紛争を終わらせる」という理念のもとに、共に歩む仲間を募集しています。ご関心のある方はお気軽にご応募ください。ご質問などはaccept.recruitment@gmail.comまでお願い致します。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
組織概要
組織名 特定非営利活動法人アクセプト・インターナショナル
代表理事 永井 陽右
設立年月日 2017年4月
組織紹介スライド 説明資料はこちらからご覧いただけます。
定款 定款はこちらからご覧いただけます。
公式サイト 公式サイトはこちらからご覧いただけます。
設立年月日 2017年4月
アクセス
東京都港区南麻布5-2-3ドミール1A
地下鉄「広尾」駅より徒歩5分